教えてください


by kyohny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

パチンコの営業

パチンコの等価交換と一物一価について
以下の事柄について私的説明をさせて頂きます。
1、風営法の指導する等価交換
2、パチンコ店での所謂等価換金
3、当局指導の一物一価について
1の風営法の指導する等価交換について
  風営法では、お客様に不平等が無いような、平等な商品の提供を指導して
  います。B商品(¥100)を渡すのに、玉(貸し玉が1個¥4の店の場
  合25個で、コイン(貸しコインが1枚¥20円の店)の場合5枚でと、
  出来るだけ差額が出ない、不平等のない、おおむね等しい価格で交換
  すること。
2のパチンコ店での所謂等価換金は、
  パチンコが玉1個4円の貸し玉なら、交換時も、1個4円を返してあげる交
  換方法です。
  パチンコ玉が100個ならば、交換の時は、¥400に換金してあげる方法。
3の一物一価は、
  交換商品を提供するに当たって、これもお客様に平等な商品の提供をして欲
  しいという、当局の指導です。
    例えば、A店でB商品を提供する時、
        パチスロのコイン(@¥20)は6枚で提供するならば、
        パチンコの玉(@¥4)は30個で提供して下さい。
    という事です。意味はコインの時も玉の時も、交換の時に1物(B商品)
    に対して、1価(¥120)で提供してください。という事です。
結果として1と3は同じ事を指導しているということで、2は店の方針です。
 
[PR]
by kyohny | 2011-10-13 16:54 | 問題提起